幻の詠~幻想を抱く者よ、ココに集え~
ブログ名通り、妄想を持ってる方は来て下さい。 色んな楽しいワールドにします。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夢の梦~第二話~

入口のベルが鳴った。火の鳥一族のマドゥプが慌てた様子で入って来ました。
「た、大変だ!!! め、女神様の転生が始まるぞッ!!」
「え、嘘ォ!? 昔話に残ってる五千年に一度のあれ?」
「ふ―ん、珍しいモンか。行ってみるとするか」
「マドゥプ、もち神殿ででしょ?」
「うん。…でも人がかりで正面突破は絶対に無理だよ…」
「わかってる。。。『Win・the・dream』の水龍よ、女神スウィーツォの神殿へ連れてって!!!」
『Win・the・dream』wp支える女神スウィーツォ。萌黄の髪に翡翠のくりくりした瞳の愛嬌たっぷりの女神。五千年も生きてるのに見た目はたったの五歳。
そして、五千年に一度生まれ変わって赤ん坊に戻る。そしてまた、その五千年の間にまた、五歳ほどに成長する。
五千年に一度はとても貴重で、見物人がわっさか集まります。吸血鬼やら、悪魔&天使、蛇女&男、骸、アヴーケンシュタインなど。。。
さて、水精の夢話(ストゥル・クィルワ)の外にある人魚の泉の水がどっと勢いよく上に上がったと思うと、水龍が出てきました―。
神殿は、恵の海野中心にポカッと浮いています。『Win・the・dream』はスウィーツォだけしか神は存在せず、その女神の信仰はとても強いのです。
火の鳥一族のマドゥプは、キルチィ・ボイキーと同い年。学校のクラスも一緒ということで、何かと親交があるのです。。

マドゥプは神官見習いでもあります。
その役職を利用して、((関係者以外立ち入り禁止!!))と書かれた扉から入って行きました。
神殿関係者通路は忙しそうでした。女神は、光り輝く金色(こんじき)の卵から生まれるので、ふゎふゎのタオルやら、新たなフヮフヮの赤ん坊用寝床やらを用意するのでいくら人出があっても足りないのでした―。



作者:雅璃陽


トリック・オア・トリート!! ☆1話☆

ここは、魔界。――と、いっても、魔界よりも奥深ーーーーい、街。
フェビリアン・リドルだ。
いつもは、元気のいい街。だが、今日は気味の悪いくらいシーンとしている。
フェビリアン・リドルは別名―――パーティ好きの魔女。

これほど、シーンとしていることは、明日お祭りがあるということだ。
そんな中、フェビリアン・リドルの街の中にある、「サファイア・リドル・学園」が騒がしい。

「やーい!落ちこぼれー!!」
「くやしかったら、やっつけてみろよー!!」
「wwwww」
「まあ、いっつも、出来ないし、無理に決まってるけどー!」
私のクラスの男子、ジョン・トリビアが、言う。
「まっ、明日に期待しますかー!」
ここの学校の理事長の息子、アリアン・ミフェアが言う。
2人して、私をいじめるんだ。

いっつも、いっつも―――

ようやく、私の口が開いた。
「う、うるさい!あ、明日、やっつけてやるんだから!!」
「ふーん。ま、期待しておくよ、落・ち・こ・ぼ・れ❤」
そういって、2人はホウキを出して家へ、帰った。
「フン!明日、絶対やっつけてやる!」

いつも、私がいじめられるのは、ママとパパの事。
ママとパパは私と違って、成績優秀。
フェビリアン・リドルの王にもなるくらいなんだ。

そんな、ママとパパとは違って、私は落ちこぼれ。
そんな私を見て皆は、バカにするんだ。

「ぼーんぼーん」
後ろの大時計がなった。5時30分。
私の使い魔のリリーが来るはずーーーー。


作者:まりまり

ハロウィンの忘れ物 第1話

窓の外の真っ暗な景色の中、街灯の明かりと星がちらほら光っている。
そんな星の中、クリーム色に光る、きれいな半月。
あたし、白川 真理奈(しろかわ まりな)。10歳の小4。
イベントとアニメと漫画が大好きな、普通の小学生。
そんなあたしは、明日をとっても楽しみにしてるの!
なんでかって?それはね・・・
「真理奈ー!もう寝なさーいっ」
と、部屋の外からママの声が聞こえた。
「あっ、はーい」
あたしはあわてて返事をすると、電気を消して、布団にもぐりこんだ。
あっ、そうそう。明日はね、ハロウィンの日なんだ!
友達とパーティーしたりして、毎年楽しく遊んでるんだよねーっ。
というわけで、明日寝坊したらやだからもうう寝るね!
「お休みなさーいっ」
あたしは目を閉じて、そのまま眠りについた。

                       ★☆★

窓から日光の光が差し込み、あたしは目を覚ます。
「う、ううん・・・ふぁぁぁ~~」
アクビをしながら起き上がり、グッと伸びをする。
ぼんやりと前を見つめていると、何かがキラッと光った。
(・・・?なにあれ・・・)
まだボーっとする目をこすりながら、布団から出る。冷たい空気が手足に響く。
そのまま光ったところをガサガサやってみる。
といったって、そこにはじゅうたんとクッションがおいてあるだけ。
(・・・気のせいかな)
あたしはそう思って、そのまま立ち上がると、部屋の扉を開けた。
「ママ、おはよぉ~・・・」

                        ★☆★

そのころ、真理奈の部屋の中で、また何かが光った。
先ほどよりも強い、オレンジ色の光。
その光がだんだん強くなると、クッションの中から、ボンッとなにかが飛び出した。
当然、このことに気づいた人は、誰一人居ないのである。

                          ≪≪続く≫≫                          
      
            ふぁぁ・・・。長いは禁句。下手も禁句。
                 題名のセンス無いも禁句だよww
                                            作者:ねこ


夢の梦~第一話

えっと、こんな感じ。。。


そこは、真にハロウィンを信ずる者だけが入れる異界『Win・the・dream』(ウィン・ザ・ドリーム)。
子供達の夢がいーっぱい集まったおとぎの世界なのです。
子供達の夢でできている『Win・the・dream』。そこは、まさに、夢の楽しい楽しい楽園なのです。

            *                *
『win・the・dream』の西、人魚の泉のほとりに住むキルチィはお客が訪れるのを待ってます。
水精の夢話(ストゥル・クィルワ)。それがキルチィのお菓子屋の名前。そのお店は、食べる時にフヮッと広がるお菓子が大人気なのです。
キルチィは人魚で、水を司る魔女見習いでもあるのです。
命の沼の管理も任されています―。
「よー。夜百合人形(ヤミユリドール)、まだ残ってるか?」
「また、あんた? えっと……《ガサゴソ》。あ、残り一つだっ!よかったね??」
この男の子はボイキー・ミル。紫の瞳に緑の髪のフランケンシュタイン。フランケンシュタインのくせに、何故かかっこいいのです。
夜百合人形は、夜、枯れかけた百合"ココロ"の持った人形が涙を流すという夢が見られるマカロン。
結構、人気で人気商品№2でもあるのです…。
(ボイキーの父さんはみんな不細工なのに、何でこいつだけカッコイイんだろ…。気の向くままってのがなーんか、キュンときちゃう…)
カラン、コロン♪
入口のベルが、けたたましく鳴った。



こんなかな?
あんまり、ハロウィン関係ないのはゆるせー。
でも、ちゃんとお菓子関連してるしィ…。
                                                   作者:雅璃陽



テーマ

やほー
今回の、小説のテーマは『ハロウィン』にしたいとおもいまーす。

ハロウィンにちなんだ名前、お菓子…。
まだまだ小説を書きたい人は募集だよ♪

メンヘンじゃなくても、現代的でも何でもOKだよ
みんなも人生に一度は小説を書きたくない??

管理人もまだまだ未熟だけど、初めて小説を書く人を《完全》サポートしちゃうニョ。








※書いてみたい人は、掲示板か、bacteroides@sand.ocn.ne.jpまで!!!!!!



プロフィール

雅璃陽

Author:雅璃陽
氏名:雅璃陽
生年月日:1996.7.18
出身:大阪
趣味:漫画を読む・パソ・お絵かき
ゲーム:ルーンファクトリー


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。